JOURNAL

Feeling:“動”の姿を手のひらで ヒラメ

愛嬌のある姿の中にハンターとしての特徴を合せ持つヒラメ。

普段は砂の中に身を潜め、ターゲットが通りかかると全身を使って跳びかかる姿はまさにハンター。

その俊敏さはヒラメの意外な姿かもしれません。

大型の個体では100cmを超え、魚食性も強いためルアーにもよく反応し、サーフでのルアーターゲットとしても人気があります。

また、繊細で味わい深い透明感のある白身は高級食材の1つ。

ヒラメはユニークな姿に加え、釣り、食と多様な魅力で私たちを楽しませてくれます。

手にとってじっくり眺め、野生で生きる姿を想像してみてください。

ヒラメの新たな一面に出会えるかもしれません。


前の記事 次の記事

RELATED PRODUCTS