JOURNAL

Let's Painting : ポリプテルス・エンドリケリー白化個体ver.

ポリプテルス・エンドリケリーの白化個体verを制作してみました。

白化個体はその名の通り「全身が白い」ということが大きな特徴となります。白化個体は、アルビノ個体のように色素が極端に不足し、白く見えるのではなく、白の色素が強く白くなる個体です。アルビノ個体とは異なり、目は赤くならず、この点で区別する事ができます。白化個体はアルビノ個体同様に数が少なく、稀少性のある個体として、熱帯魚の世界では喜ばれています。

白化個体には、ポリプテルス・エンドリケリー独特の帯状の模様はありませんが、珍しい白い個体として異質な存在感を放っています。

いつか販売される事を目論み、オフィスにディスプレイしておきます。古代魚に限らず、代表的な白化個体としては「ホワイトライオン、ホワイトタイガー」などが有名ですね。


前の記事 次の記事

RELATED PRODUCTS