JOURNAL

For Display : スカル ミニモデルをカスタマイズしてみました

今回はアロサウルス スカル ミニモデルをカスタマイズして発掘現場風モデルを製作してみたいと思います。


前回同様に、頭骨が岩に埋まっている様子を表現するため、石膏粘土を使ってカスタマイズしていきます。粘土が乾く前に岩のディテールを付けて、乾燥後には微調整して形状を整えます。単体で自立させてディスプレイする想定ですので、今回は少しボリュームのあるモデルとなります。

粘土を十分乾燥させたらいよいよ彩色です。岩の彩色は黒色をベースにして、シックなアロサウルスを演出してみました。頭骨の他にも破損したスケルトンモデルのパーツを配置して、よりリアリティーのあるモデルとなるようアクセントとして使用してみました。

通常のディスプレイ方法とは一味違った世界観を演出できたのではないでしょうか。


前の記事 次の記事

RELATED PRODUCTS