JOURNAL

Development Item:ダイナソービニールモデル

柔らかな手触りとビッグサイズが魅力のフェバリットを代表するビニールモデル。
 
モササウルスビニールモデルの発売からしばらく経ち、みなさんが気になる次の恐竜の情報ですが、ながーい大型草食性恐竜から翼竜、アジアを代表する肉食性恐竜など、個性ある7体の恐竜達を鋭意開発中です。
 
その中で一部アイテムの無着色サンプルが届いたのでちょっと公開。
シルエットでもうお分かりですね。
 
一部の恐竜は塗装の調整とサンプル制作段階に入っていますので完成まであと一息。
 
発売は2020年春以降となる予定です。
ビニールモデルは、お子様が親しみやすい「大きさ・やわらかさ」が特徴のフィギュアでありながら、大人も納得の本格的なディテール。
 
お子様が夢中になれる理由です。
 
日本を代表する恐竜造形師である荒木一成氏に監修を依頼し、デフォルメしながらも、それぞれの恐竜の特徴をリアルに再現した本格派フィギュアに仕上がっています。
  
ぬいぐるみのような存在でありながら、ガシガシ遊べる本格フィギュア。
お楽しみに!

前の記事 次の記事