JOURNAL

Development Item:イグアノドン ソフトモデル彩色サンプル

現在鋭意開発中のイグアノドン ソフトモデルの彩色サンプルを少し公開。

イグアノドンは恐竜研究の最初期に発見され、英国のG・マンテルによって最も早く命名された恐竜です。また、日本でも石川県や福井県にまたがる手取層群から、イグアノドン類の歯などの化石が大量に発見され、歴史と馴染みのある恐竜です。

ソフトモデル初登場のイグアノドンとなりますが、実はフェバリットでの歴史も古く、過去にポリレジン製のオールディーズモデル、デスクトップモデル、スカル&ジョーズモデルで製品化されていた恐竜です。フェバリットと意外と関わり深い恐竜なのです。

さて、彩色ですが、ベースはダークイエローで、背中の茶色模様がアクセントになった渋めの雰囲気。イグアノドンのイメージにマッチした配色です。

久々の登場、お楽しみに。


前の記事 次の記事

RELATED PRODUCTS