JOURNAL

NEW ITEM:新入りの集合写真

新入りの集合写真。

即戦力の個性派揃い。


「タルボサウルス」

"アジアのティラノサウルス"と呼ばれることもあるアジア最大級の肉食恐竜。


「カルノタウルス」

頭部の1対の角が外見上の大きな特徴。名前の意味は「肉を食べる牛」。


「ケツァルコアトルス」

翼開長は約11mほどになると考えられ、現在知られている限り史上最大級の翼竜。


「パキケファロサウルス」

頭骨全体がドーム状で、頭頂部の骨はぶ厚くかなり個性的な外見のパキケファロサウルス。


「ディプロドクス」

ムチのように長い尾はブラキオサウルスに負けない存在感を放ち、見応えのある1体に。


「イグアノドン」

恐竜研究の最初期に発見されたイグアノドン。また、英国のG・マンテルによって最も早く命名された恐竜。


まもなく発売です。


前の記事 次の記事

RELATED PRODUCTS