セール

クロマグロ ミニモデル

セール価格

価格 ¥550
( / )

手のひらサイズの水生動物フィギュア
寿司ネタや刺身として日本だけでなく世界でも人気のあるクロマグロのPVC製ミニフィギュアです。ディスプレイしやすいサイズなので、デスク周りや棚のアクセントなどお好きな場所に飾っていただけます。背景台紙になる情報カードが付属します。

クロマグロPacific Bluefin Tuna

分類  :スズキ目/サバ科/マグロ属
サイズ :体長約60-300cm
生息時代:日本近海、北半球側の温帯・熱帯海域

沖合いの表層から中層にかけて、群れで高速で回遊する。遊泳速度は時速70kmに達し、紡錘形の体型は、高速で遠距離を泳ぐことを可能にしている。口を開け鰓に空気を取り込むため、生涯一度も止まらずに泳ぎ続ける。価格高騰に伴う乱獲で、生息数が深刻な程減少し、魚体の色と希少性から「黒いダイヤ」とも呼ばれるようになった。現在では、困難とされていた完全養殖にも成功している。

監修者 守亜和由喜さん インタビュー

鑑賞する楽しみ、釣る楽しみ、または食べる楽しみを与えてくれる多種多様な魚たちの個性は私たちを魅了し続けています。そんな魚を代表とする水生動物をモチーフとしたアクアフィッシュシリーズがフェバリットに新たに加わりました。
本シリーズの原型、彩色を守亜様に監修頂きましたが、守亜様にとって魚達はどのような存在なのでしょうか。

立体化するにあたり、どのようなコンセプトを元に原型を造形されたのでしょうか。
自然の中で生きる動物の姿にとても魅力を感じています。今回のシリーズに限らず、野生の美しい姿を造形として表現することが僕自身一番大事にしているコンセプトです。
その中でも今回は美しく泳ぐ、雄々しく泳ぐ、優美に泳ぐ、つまりは生き物が活動する姿を表現することを目標にしました。モチーフとなった生き物たちの“動”の姿を写真で切り取ってきたかのような一瞬の美しい様を表現できたのではないかと思っています。
彩色からも多種多様な個性が伺えますが、どのような個体をイメージされたのでしょうか。
上記のように野生で生きる魚の姿を表現しています。
詳しくはそれぞれの種の解説に譲りますが、僕がその魚の一生の中でもっとも特徴的で美しいと思う時期のものを参考にしました。そうするとほとんどが自然の中を生きぬいて大人になった姿、もしくは老成した個体をモチーフにすることになりました。あるいはそれらを見る側の僕の立場からすればこういう個体に出会えたら嬉しくなってしまう、というような個体をイメージしています。手前勝手なのかもしれませんが、「こうあってほしい」というような願望のようなものも込められているかもしれません。
クロマグロ ミニモデルについて見所やコメントをお願いします。
果てしない海を力強く進んでいくイメージです。硬骨魚類の王様のようなイメージでとらえていて、堂々とした姿で造形しています。
手に取ったらぜひいろいろな角度から眺めてください。早く進むための機能美が凝縮されたような体形をしています。また、それぞれの鰭が機能に応じた形をしていて一見シンプルな魚に見えますが、とても奥深く味わい深い姿をしていることに気が付かれるはずです。
普段はほとんどの鰭を折りたたみ海中を突き進みます。台座もそのような海中を進む際の渦のようなイメージで製作しました。
手のひらサイズのフィギュアシリーズですので、気軽にどこへでもディスプレイでき、様々なシチュエーションで楽しむ事ができます。守亜様おすすめのディスプレイ方法や演出方法などあれば教えて下さい。
今、私の手元には今回のシリーズすべてがずらりと並んでいて壮観です。大きくなく、台座のイメージもこだわって製作しているので多くの種類を並べて飾るととてもいい感じです。
また、流木やサンゴなど自然物をわきに添えたり、観葉植物のそばに置いたりするのも楽しそうです。
日本でも手に入りやすくなってきたのですが、流木の上にガラスの鉢が乗っている海外のお土産ものがあります。僕はそのそばに魚のフィギュアを置くのが好きです。とても雰囲気がよくなります。
今後、アクアフィッシュシリーズで守亜様が作ってみたい魚種などはありますか?
たくさんありすぎます(笑)。
アクアフィッシュシリーズと銘打っていますが、魚類以外のラインナップも入る可能性のある懐の深いシリーズです。魚類を充実させながら、他の生き物も作ってみたいです。あとは深海生物などが入る余地もあるのでしょうか……楽しみですね!
そして、あえて選ぶとしたらミノカサゴの仲間でしょうか。昔から好きで飼っていたこともありました。
魚以外でひとつ選ぶとしたら、ワニとかどうでしょう。このシリーズでは主に泳いでいる姿を表現することが多いので、泳いでいるワニの造形物というのもなかなか珍しいと思います。欲しい人も多いのでは?

監修者プロフィール

守亜和由喜(もりあ かずゆき)

自然史系造形作家。
「私的熱帯世界」をコンセプトにしている。造形、平面問わず幅広く表現し、個展やグループ展など多数開催している。
アクアフィッシュ ミニモデルの造形及び監修を担当。

総合監修:守亜和由喜

商品サイズ:L8.5×W3×H5.2cm / 26g

Item CD:74210

ミニモデルについて

もっと気軽に生物フィギュアを楽しんでもらいたい。そんな想いから誕生したミニフィギュアです。手の平に乗るコンパクトサイズなので、インテリア小物と組み合わせるなど、いろいろな方法でディスプレイを楽しむことができます。

素材、注意事項

素材:ATBC-PVC 対象年齢:7歳以上
●誤飲やケガの恐れがありますので、対象年齢未満の小さなお子様には与えないでください。●フィギュアは、本物の生物をリアルに再現する為、一部とがった所があります。取扱いには十分に注意してください。●鑑賞を目的とした商品ですので、ぶつけたり振り回すなど乱暴な遊びをしないでください。●火気や暖房器具の近くで使用・保管しないでください。