On Sale

NEW イクチオサウルス ビニールモデル

Sale price

Regular price ¥2,530
( / )


こわれにくいやわらか素材のあそべるフィギュア
ジュラ紀前期の海に生息していた魚竜イクチオサウルスのビニール製フィギュアです。イルカのような流線型のフォルム、大きな尾鰭やパドル状に発達した脚部などの特徴を再現しています小さなお子様が触れても安全な素材を使用しているため、リビングや子ども部屋に安心して遊んでいただけます。

イクチオサウルスIchthyosaurus

分類  :爬虫綱/魚竜目/イクチオサウルス科
サイズ :全長3メートル
生息時代:三畳紀後期〜ジュラ紀前期

現生のイルカと近い姿をしていた魚竜の一種である。頭部は、滑らかに流線型の胴体とつながり、パドル状の脚部、大きく発達した尾鰭を使い、高速で水中を移動できたと考えられている。目は非常に大きく、捕食者である大型の肉食海洋爬虫類を遠距離でも確認できたと考えられている。長い顎には多数の鋭い歯が生えており、魚類やイカなどの海洋生物を捕食していたことが糞石から判明している。

監修者 荒木一成さん インタビュー

ダイナソービニールモデルのラインナップに魚竜として初となるイクチオサウルスが加わりました。イクチオサウルスについて、荒木様はどのような印象をお持ちですか。
魚竜は中生代の海に恐竜とともに繁栄していましたが、これまで大きなフィギュアがあまりありませんでした。
今回のイクチオサウルスのビニールモデルは、魚竜ファンが待ちに待ったフィギュアではないでしょうか。
イクチオサウルス ビニールモデルの造形をするにあたり苦労された部分やみどころ、アピールポイントを教えてください。
魚竜の魅力は水中を素早く回遊するのに適した魚雷や潜水艦のような流線型のまん丸の胴体だと思います。今回は工場のご苦労でもあったのですが、この丸っこい胴体をうまく作っていただいたと思います。
イクチオサウルス ビニールモデルの彩色は、イクチオサウルス ソフトモデルとは違うグリーン系の色に仕上がりました。出来上がった商品を見てどのようなイメージを持たれますか。
A. 魚竜はイルカに良く似ていますし、生態もよく似ていたと思います。哺乳類のイルカやクジラが白黒のシンプルなカラーに対して少し複雑な模様で爬虫類っぽさを表現してみましたが、いかがでしょうか。
最後に イクチオサウルス ビニールモデルについてコメントをお願いします。
実際の恐竜時代ではイクチオサウルスとティラノサウルスが戦うことはまず無かったと思いますが、ビニールモデルならそんな夢のような戦いもできますよ!

監修者プロフィール

荒木一成(あらき かずなり)

自然史系博物館での恐竜復元模型製作、恐竜図鑑などの原型製作を手がける日本を代表する恐竜造形師。

総合監修:荒木一成

商品サイズ:L36.5×W11×H11.7cm / 234g

Item CD:70716

ビニールモデルについて


手で押すと簡単に凹む柔らさの「ソフトビニール」を使用した、ボリュームのあるモデル。柔軟性のある丈夫な素材を使用しているため落としても壊れにくく、いろんな場所で楽しんでいただけます。

素材、注意事項


素材:ATBC-PVC 対象年齢:7歳以上
●誤飲やケガの恐れがありますので、対象年齢未満の小さなお子様には与えないでください。●フィギュアは、本物の生物をリアルに再現する為、一部とがった所があります。取扱いには十分に注意してください。●ぶつけたり振り回すなど、乱暴な遊びをしないでください。●水に浸したり、火気周辺で使用・保管しないでください。


Favorite Scene

お気に入りのフェバリット商品を投稿して採用されると、フェバリットストアで使えるポイントをプレゼント!

詳しくはこちら