On Sale

NEW アンキロサウルス ビニールモデル プレミアムエディション

Sale price

Regular price ¥6,600
( / )
Favorite AR

フェバリット最大級のやわらか素材のあそべるフィギュア
やわらか素材のあそべるフィギュア ビニールモデルから登場した、ヨロイ竜として人気が高いアンキロサウルスのプレミアムフィギュアです。全長は50cmを超えるビッグサイズで大迫力のモデルです。小さなお子様が触れても安全な素材を使用しているため、リビングや子ども部屋に安心して遊んでいただけます。

アンキロサウルスAnkylosaurus

分類  :鳥盤目/曲竜下目/アンキロサウルス科
サイズ :全長11メートル
生息時代:白亜紀末

鎧竜では最大で代表的なもの。首から尾の背中側全面が多数の骨板と棘で覆われていた。頭骨も分厚く頑丈で、後頭部には三角形の角が突き出していた。 尾の先端にハンマー状の硬い骨があり、肉食恐竜の攻撃の防御用と考えられている。曲竜類の歯は非常に小さく貧弱で、柔らかい葉を丸呑みし体内で吸収していたと考えられている。

監修者 荒木一成さん インタビュー

ダイナソービニールモデル プレミアムエディションのラインナップにアンキロサウルスが加わりました。鎧竜の代表的恐竜であるアンキロサウルスについて、改めてどのような印象をお持ちでしょう?
正直に言うと、私はヨロイ竜には少し苦手意識がありました。背中の装甲のような同じ形のパーツを大きさを変えながらたくさん作らないといけないなど、不真面目な私には鬼門の恐竜でした。
しかし、最近とても保存状態の良い化石が見つかったり、2023年にはヨロイ竜が主役の恐竜博が開催されたり、にわかにヨロイ竜の人気が上がってきたイメージがあり、私も好きになってきました(笑)
ソフトモデル、ビニールモデル、ミニモデルでは、すでに発売されているアンキロサウルスですが、今回のプレミアムエディションにおいて、サイズ以外の部分で造型の違いなど留意した部分はございますでしょうか?
ヨロイ竜は先に書いたように、保存の良い化石でほぼ装甲の並びが特定できる種類もありますが、アンキロサウルスは頭部や棍棒、装甲の一部分化石しか見つかっていないので、近縁の種類が見つかるたびに、装甲の形や配列の復元像が変わってきました。
以前のソフトモデルでは身体の幅がやや狭く復元されていた時期のスタイルを作りましたが、今回は幅広の体型で、最新の装甲配列で造形しています。
もっともこれもまた新しい化石が発見されたら変わるかもしれませんね。
彩色は、重量感のある濃い茶系の色を採用しましたが、出来上がった商品を見て、どのようなイメージを持たれましたか?
ヨロイ竜は、個人的にはグレー系のイメージを持ってました。プレミアムエディションの大きさのサンプルが作る前に、小さいフィギュアに彩色見本を塗るのですが、これは塗っているときから「いい色になった!」と思っていましたが、実際に塗られたプレミアムエディションのアンキロサウルスの彩色サンプルを見たときは、その大きさや存在感は想像以上でした。
最後にアンキロサウルス ビニールモデル プレミアムエディションについて、一言お願いします。
A. ヨロイ竜はここ最近の人気のわりには、トイやフィギュアが少なかったように思いますが、このアンキロサウルス・プレミアムエディションは良いですよ!買って損なし。ティラノサウルスでも落とせない難攻不落の要塞のような恐竜をぜひお手元に。 惜しむらくはもうちょっと早く発売されてたら恐竜博2023に間に合ったのにね。

監修者プロフィール

荒木一成(あらき かずなり)

自然史系博物館での恐竜復元模型製作、恐竜図鑑などの原型製作を手がける日本を代表する恐竜造形師。

総合監修:荒木一成

商品サイズ:L58×W17×H19cm / 797g

Item CD:73360

ビニールモデル プレミアムエディションについて

手で押すと簡単に凹む柔らさの「ソフトビニール」を使用したモデル。通常のビニールモデルのサイズとボリューム感が増したプレミアムエディションです。柔軟性のある丈夫な素材を使用しているため落としても壊れにくく、いろんな場所で楽しんでいただけます。

素材、注意事項

素材:ATBC-PVC 対象年齢:7歳以上
●誤飲やケガの恐れがありますので、対象年齢未満の小さなお子様には与えないでください。●フィギュアは、本物の生物をリアルに再現する為、一部とがった所があります。取扱いには十分に注意してください。●ぶつけたり振り回すなど、乱暴な遊びをしないでください。●水に浸したり、火気周辺で使用・保管しないでください。