生物図鑑

ティラノサウルス

ティラノサウルス

最も人気のある恐竜の一つであり、史上最大級の陸生肉食動物。現在の北米全域に生息し、恐竜絶滅の瞬間まで繁栄していた非鳥類型の最後の恐竜でもある。全世界で30以上の化石標本が発見されており、ほぼ完全な骨格標本も発見されている。下顎が他の獣脚類と比べると巨大で、噛む力は相当強力だったと考えられている。それに伴い、歯も強靭で、最も圧力のかかる前歯は太く長く発達していた。歯には特徴的なセレーション(鋸歯)があり、獲物の肉を引き裂くのに適した構造になっている。前肢は退化して指は2本しかなく一見貧弱だが、その力は強力で、獲物を押さえ込むには十分な力を持っていたと考えられている。 レックス(ラテン語で王の意)という名にふさわしく、まさに恐竜の王である。

 英名:Tyrannosaurus
 名前の由来:暴れん坊トカゲ
 分類:竜盤類 / 獣脚亜目 / ティラノサウルス科
 サイズ:体長 12〜14メートル / 推定体重 7トン
 生息時代:白亜紀末(7000万年〜6500万年前)
ティラノサウルス生息地
ティラノサウルス頭骨・骨格

強靭な歯

鋭いティラノサウルスの歯は大きなもので30cm以上もあり、縁にはセレーション(鋸歯 きょし)と呼ばれる細かなギザギザがある。これは獲物の肉を切り裂くためと考えられている。歯の本数は60本前後であり、何度もぬけて生え変わっていた。

骨も噛み砕くあご

獲物の骨までも噛み砕いたとられる非常に強力で頑丈な顎。骨の一部がかみちぎられたあとがあるエドモントサウルスの化石や、襲われた際の傷が治ったあとがあるトリケラトプスの化石も見つかっている。

貧弱な前肢

がっしりとした力強い後足に対して、前足は非常に小さく指は2本のみである。この前足がどのようなや役割をしていたのかははっきりと解っていない。ほとんど使われなかったために退化して小さくなっていったのであろうと考えられる。また、前足の化石はまだ発見されていない。

大きさを想像してみよう

ティラノサウルスサイズ

Older Post Newer Post

RELATED PRODUCTS

関連商品