生物図鑑

ブラキオサウルス

ブラキオサウルス

ブラキオサウルスは、ほぼ完全な全身骨格が存在する最大級の草食性恐竜である。前肢が後肢より長く、肩から腰にかけて傾斜すること、尾が短いなど、他の竜脚類とは異なる特徴を持つ。頭部は小さく、脳の大きさは150グラムほどで、顎の力は弱い。鼻孔部分がトサカ状に膨らんでいることから、かつてはこの鼻をシュノーケルのようにして水の 中に生息していたと考えられていたが、胸に横隔膜がなく、水圧で肺が潰され呼吸できないという理由から、現在では陸生であったと考えられている。また、頭の先まで血液を送るほどの大きな心臓を持っていなかったことや首の骨の形状・組み合わせから、首を垂直に持ち上げることはできなかったことが最近の研究で判明している。

 英名:Brachiosaurus
 名前の由来:うでのトカゲ
 分類:竜盤目 / 竜脚形亜目 / ブラキオサウルス科
 サイズ:体長 約22メートル / 推定体重 30トン(ないし80トン)
 生息時代:ジュラ紀後期(1億5千万年前)
ブラキオサウルス地図

ブラキオサウルス骨格・頭骨 前あし

ブラキオサウルスの前あしは、後あしよりも長く、他の竜脚類とは異なる特徴を持っている。そのため、肩から腰にかけて坂のように傾斜している。

骨格

ほぼ完全な全身骨格が存在する最大級の草食性恐竜として知られている。重い体重を支える手足の骨や肩の骨は太く頑丈なつくりになっている。

長い首

ブラキオサウルスといえばこの長い首だろう。高い木の葉を食べるには十分な長さである。また、首を垂直に持ち上げることはできなかったことが最近の研究で判明している。

大きさを想像してみよう

ブラキオサウルス大きさ



Older Post Newer Post

RELATED PRODUCTS

関連商品